敏感肌の人の入浴中のスキンケア

敏感肌だと、乾燥が辛い冬の時期などはお風呂のお湯に触っただけで肌がピリピリすることがあります。本来であれば皮脂膜が肌の中の潤いを保つ役割を果たしていますが、敏感肌だとその皮脂膜のバリアが正常に機能せずに、中の潤いがなくなり、肌バリアが壊れてしまっています。


この状態では、お湯ですら痛みを与えてしまう存在になります。

敏感肌の人の入浴中のスキンケアは、洗い過ぎないことを重視しましょう。


汚れをしっかり落とした方が気持ち良い気分はしますが、その洗浄が肌に刺激を与えます。

敏感肌の化粧品の口コミに関する特集が満載です。

できれば石鹸などは使わずに37度前後のぬるま湯で体を洗った方がいいです。



どうしても臭いが気になる部分だけシンプルな成分の固形石鹸を泡だてて、優しくなでるように洗ってあげるといいでしょう。
シャンプーやリンスもできれば使わない方がいいです。シャンプーを使わないと髪がギトギトしそうですが、最初にしっかり髪をとかしておけば汚れの大部分は落とせます。



敏感肌の人はもともと皮脂の分泌量が少ない場合が多いので、お湯だけでも十分綺麗になります。

頭皮を優しくマッサージするように洗って、シャンプーやリンスなど肌に刺激を与えるものは使わないようにしましょう。
入浴中のスキンケアは、洗い過ぎないように気をつけて、入浴後はお風呂から出る前に保湿するようにします。

敏感肌用の刺激の少ないスキンケア用品を使うか、もしくは乾燥する部分だけにワセリンをピンポイントでつけてあげると乾燥対策ができます。